8歳の少年のセールストークが凄い

dd

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。

 
 
 

あなたは次のお願いを拒否できますか?

 
 
 

ある日家の呼び鈴が鳴り、玄関の扉を開けると、

背の小さい8歳くらいの男の子が立っていました。

 
 
 

そして消え入るような声であなたにこう言うのです。

 
 
 

>> 続きはこちら

 
 
 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

ページの先頭へ